2013年07月28日

レパードS&小倉記念

クイーンS、最低人気◎スピードリッパーが激走!!

午前のうちにさくっと馬券購入
その後…
→昨夜函館で雨が降ったことを知る
→それまでの函館芝レースで異常に上りが掛かっていることを確認
→「上り36秒台なんて…外枠のディープ産駒2頭はまず来ないよな…」
→馬体重発表ッッッ!!「オールザットジャズがふくよかな体にッッッ!!」
→「こ、これ…スピードリッパーあるな…!!」
→ゲートが開く。まったく行き脚がつかず最後方。
→「だよね…うん…君は悪くない…買った俺がバカだったんだ…」
→(ブログに「楽に番手追走で前残り」とか書いちゃったよ恥ずかしい…)
→4コーナーに差し掛かり…「あれ?追い上げちゃう?頑張っちゃう?」
→抜群の手応えで4角をワープ!!キャトルフィーユを置き去り!!
→「来た!来た!!アァーーーッッッ!!!!」

…失礼しました。
しかし、函館は相当馬場が悪くなってますね。

ちゃんと調べたことはない、と断ったうえで…
函館と札幌は同じ「洋芝」でありながら、馬場の重さは「函館>札幌」と教ったことがあります。
「札幌で好走歴あり=函館も走る…とは限らない」というわけです。
「盲点になっている函館巧者」を探し出すことが、高配当へのポイントになる…かもしれませんね。

…札幌記念のころには忘れているでしょうが…(笑)

<レパードS>

データは過去4年分しかありませんが…

・7番人気以下(0-0-2-31)
・単勝20倍以上(0-0-1-28)

美浦(0-0-1-25) 0.0% 0.0% 3.8%
栗東(4-4-3-19) 13.3% 26.7% 36.7%

・前走6着以下(0-1-0-16)
→ドコフクカゼ、カリスマサンタイム、カノン、アドマイヤイバマ

・前走1700m以下(0-0-2-17)
→ジェベルムーサ、モリトリュウコ、ハイパーチャージ

・前走500万条件出走(0-0-0-11)
→リキサンステルス、モリトリュウコ、タイセイバスター、ハイパーチャージ

・前走芝(0-0-0-8)
→ドコフクカゼ

・中9週以上(0-0-0-8)
→アドマイヤイバマ、タイセイバスター

過去4年、上り最速馬は(3-0-1-0)
3着以内馬12頭中、9頭が上り3位以内。

ラスト3Fを速く上がってくる馬を探すのが、最もシンプルな狙い方。

本命◎は、インカンテーション。

前2走は1000万条件でともに上り最速。
前走2着馬はそれなりの実力馬グッドマイスター。
1800mで3勝しているので距離に不安もない。

…タフな質感になるレースで牝馬は買いたくない。
…逃げたいサトノプリンシパルにESP蛯名J、しかも今年はエビダンス付き。
…ケイアイレオーネは正直強いのかわからない。

上りの脚しっかりの観点でシグナルプロシードとジェベルムーサもよさそうだが…
前者は好走平均距離が1400mのメイショウボーラー産駒、後者は関東馬…

なんの面白みもない予想だが、ここは大野J&インカンテーションに賭ける。

ちなみに、前走跨っていた藤岡康Jも乗りたがっていたそうだが、先約で大野Jに。
藤岡康Jは、かなり残念がっていたそう。


<小倉記念>

時間がないので結論だけ。

本命◎は、サトノパンサー。

前走の中京記念でも◎を打ったが、予想以上に差し・追い込み決着となってしまい完敗。
ただ、この馬自身のレース内容は良かった。

好走実績のある小倉2000m、ハンデ53kgなら十分狙える。

高速馬場、やや外目の枠、好位差し…条件は整っている。


posted by ☆ドラ☆ at 22:46| Comment(0) | 【2013】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイビスSD&クイーンS

<アイビスSD>

・単勝50倍以上の牡馬(0-0-0-33)
→インプレスウィナー、スプラッシュエンド、コンフォーコ

・7歳以上(0-0-0-40)
→コンフォーコ、ローブドヴルール、アウトクラトール、スプラッシュエンド

・前走芝1200mで1秒以上負け(0-0-0-27)
→アンシェルブルー、スプラッシュエンド

・前走ダート戦(1-0-0-15)
→コンフォーコ、デュアルスウォード
・9番人気以下の牝馬(1-0-0-24)
→ビラゴーティアラ、アンシェルブルー、カラフルデイズ、ローブドヴルール
※例外はともにサンアディユ


ハクサンムーンの成績が安定してきたのは、前半3Fを34秒台で「溜めて逃げる」ことを覚えたから。
高松宮記念もCBC賞も、前半3Fは34台の緩い流れだった。
3走前のオーシャンSは他馬に絡まれて前半3F33.1、さすがに失速した。

アイビスSDは直線1000mという特殊なコースではあるが、前半3Fは32秒台が定番。
当馬は昨年の同レースで抜群のダッシュ力を見せたものの、ラストは脚の動きが止まって見えるほどバテた。
今年は成長分でラストまで駆け抜ける可能性ももちろんあるが、鉄板とまでは言えない存在。

フォーエバーマーク、スギノエンデバーは初の1000m、走ってみないとわからない。
そんな馬は買わない。

プリンセスメモリーは同条件の新馬戦を55.4秒で勝ち切った経験があるものの、それだけでは評価しきれない。
追い込みという脚質以上に、400kgを切りそうな小さい体が気になる…。
理屈はわからないが、短距離馬はデカいほうが走る。
直線1000mは特に馬力が重要だろう。

パドトロワは59kgよりも11番枠が問題。
この馬は周りにほかの馬がいると気にしてしまうタイプ。
前走は◎で大勝利させてもらったが、外枠だったから買えた。
今回は内にフォーエバーマークとアンシェルブルー、外からはハクサンムーンと、同等以上のダッシュ力を備えた馬がいる。
今回は道中の展開がカギだ。前走ほどビビっとこない。
それに…買い時は前走。そこで獲らせてもらった恩もあるので、勝たれても悔しくない(笑)


となると、ねらい目は外枠の牝馬たちということになるが…

一番よさそうに見えたのは、ヤマニンパピオネ。
1000mでも先手を獲れる先行力、ダートも走る馬力、外枠の牝馬、スウェプトオーヴァーボード産駒…
買える材料がきれいに揃っている。
調教の動きも申し分なし。

しかし…。
駿風Sを見直したが、正直「これ以上時計が詰まるのか?」と感じた。
条件戦だから仕方ないところもあるが、前半3Fのラップも33秒台。

それにしては、7番人気と穴人気している。

持ち時計が54.4と優秀なリトルゲルダはもっと人気しているし…
面白くないというか、こんな「ミエミエの穴馬」を買って当たるレースなら、毎年もっと当たっていいはず(笑)

決して人気で買う馬を決めるわけではないが、
競馬は「強い馬が人気を落としているときに買え!」が鉄則。

本命◎は、アフォード。

…。
えぇ、わかっていますとも。

新潟1000mで、2枠3番を買うなど、愚の骨頂。
しかも近走パッとしない、村田Jに乗り捨てられた牡馬。

だからこそ、この人気。

昨年は1000m実績を買われて2番人気。
まさかの9着に敗れたが…
実は「夏負け」でレース前に馬が終わっていたこと、あまり知られていない?

今年は同じ轍は踏むまいと、北海道に滞在。
状態は良いようだ。調教も動いている。

新潟1000mは、昨秋に1000mマイスターのエバーローズに食い下がっており、巧者ぶりは変わっていない。
十分に「不当に人気を落としている馬」と言えるだろう。

1000m戦への対応が未知の人気馬、持ち時計が1秒以上足らない外枠牝馬

枠の問題だけはどうしようもないが…
ここは、過去に同枠からマルブツイースターを3着させた先生の手腕に賭ける!(笑)


<クイーンS>

本命◎は、スピードリッパー。

…ボケてなどいません。
やけくそになって勝負を捨てたわけでもありません。

まず洋芝適正は問題ない。
新馬と未勝利時代のものだが、苦にしないことは確か。

そして展開。
クィーンズバーンの番手をスンナリ確保できるだろう。

人気馬たちは、その後ろ。
函館芝ではキレキレの末脚など出てこない。
前にいる馬が残る。

また、人気のアイムユアーズもそうだが、ファルブラヴ産駒は北海道でよく走る。

最後に、この馬自身の能力。

馬柱を見ると、「迷走」の一言に尽きる。

しかし、よく見ると…
2走前に東京芝1400mでランリョウオーから0.3差8着。そんなに負けていない。
スローペースで、勝ち時計も1:22:00と遅い
楽な展開で時計も遅ければ、上位に来られる…そう、まさにココはそんな展開になる。

前走は初のダート戦、惨敗で度外視。
福島牝馬Sでは伊藤Jが暴走させて逆噴射、他にも謎の2200戦出走など、度外視できる結果が多い。

昨秋の秋風SやユートピアSのように、条件が合えば準OPで小差の競馬が可能。

案外伸びてこない人気馬を尻目に…なんてことはないか?(笑)
posted by ☆ドラ☆ at 04:09| Comment(0) | 【2013】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

中京記念&函館2歳S

トウケイヘイローか…武豊か…。
2番人気の藤沢馬を買ってハナ差4着という醜態を晒したものの、勝ったのが武豊で良かった(笑)
迷ったら武豊を買えばいいんや!!(笑)

<中京記念>

馬場の内側は伸びない。
基本的には外枠のほうがスムーズにレースを運べる。

人気馬はみな内枠。
しかも、どの馬も嘘っぽい(失礼)馬ばかりだ。

ドナウブルーは新潟など軽い芝でスピードを存分に活かす競馬が得意。
中京というイメージはない。

リルダヴァルは前に行ってしまいそうなので、展開と馬場的に向かない。
今の中京で先行馬は買いたくない。

ランリョウオーは人気になりすぎ。
この馬に勝っている馬も何頭かいるのだが…。
枠も悪い。

・外枠からスムーズにレースができそう
・差し脚がしっかりしている
・パワーがいる馬場でも走れる

…香ばしい馬を発見。

本命◎は、サトノパンサー。

前走はスタート直後に落鉄し、人馬ともにやる気をなくしてしまったので度外視。

4走前の朝日CCでは0.2秒差6着。
若干時計のかかる馬場はこなせる。

また、過去の準OP戦では、東京2000を舞台になかなか骨っぽいところを相手に好走しており、左回りも問題ない。ローカルGVなら地力も足りる。

キンカメ×SSという血統もココでは言うことなし。

調教の動きもよい。
また、笹針放牧に出たことで、馬がリフレッシュできて良い状態とのこと。

和田Jがワッショイワッショイしないか心配だが、人気薄なので、多少のマイナスポイントは目を瞑る。

ほかにアカンサス、ウインドジャズ、ムクドクが気になったが、1番ビビっときたこの馬を指名する。

<函館2歳S>

毎年それなりに荒れるレースだが、極端な穴馬が来ることは少ない。
・10番人気以下(0-1-0-48)
・単勝20倍以上(0-1-1-65)

仕上がりが早いと言われる牝馬の好走が目立つ。
人気のない牡馬は壊滅的。
・6番人気以下の牡馬(0-0-0-47)
→マイネルディアベル、ファソン、ウインイルソーレ、マイネルフォルス、キタサンラブコール、ヴァイサーリッター

・前走ダート戦(0-0-0-26)
→ドラゴンスズラン、ハッピースプリント、ニシケンムート

12.5 - 11.0 - 11.3 - 11.4 - 11.3 - 12.3 (34.8-35.0) オールパーパス
12.4 - 11.2 - 11.2 - 11.4 - 11.2 - 11.9 (34.8-34.5) クリスマス
12.5 - 11.8 - 12.5 - 12.2 - 11.1 - 11.6 (36.8-34.9) ファイトバック
12.4 - 11.1 - 11.4 - 11.3 - 12.0 (34.9-34.7) ビ−ビーブレイン

函館1200mの新馬戦と言えば、スピードに任せての逃げ切り勝ちが定番。

勝ち時計は馬場状態や展開に左右されるが、前半を34秒台で走ったクリスマスやオールパーパスはまぁ及第点を与えてよいだろう。
同じように1000m戦を逃げ切ったビービーブレイン含め、人気になるのも納得だが…

1頭、異質の競馬をして勝ち上がった馬がいる。

本命◎は、ファイトバック。

新馬戦はまさかの超スローペース。
前に行った馬たちがそのまま…の展開を、ゴール寸前で差し切った。
ラスト1F、11.6のレースラップを差し切った瞬発力は見事。能力は高い。

道中がスローだったので勝ち時計は遅かったが、2着馬ドラゴンスパンは、次走でオールパーパスの新馬戦で2着したツクバジャパンとタイム差なし。
3着だったヴァイサーリッターも次走で1秒以上時計を縮めて勝ち上がった。

その比較から、当馬も時計短縮は十分可能と判断できる。

北海道で強い領家厩舎&秋山Jも心強い。

どんなレースをするか、楽しみにしている。
posted by ☆ドラ☆ at 20:14| Comment(0) | 【2013】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

函館記念

<函館記念>

・13番人気以下(0-0-0-26)
・単勝50倍以上(0-0-0-23)

・当日8番人気以下の6歳馬(0-0-0-21)
→コスモラピュタ、カリバーン、コスモネモシン、モズ、アスカクリチャン

・当日10番人気以下の関東馬(0-0-0-25)
→イケドラゴン、ネオブラックダイヤ

・1枠(0-0-0-13)
・馬番1&2番(0-0-1-17)
→アンコイルド、イケドラゴン

・13番枠より外枠(0-0-1-22)
→ホッカイカンティ、モズ、アスカクリチャン、メイショウウズシオ

・前走重賞で10番人気以下(0-0-3-27)
→コスモラピュタ、レインボーダリア、ネヴァブション、トウカイパラダイス、コスモネモシン

・前走重賞出走かつ当日8番人気以下(0-0-0-28)
・前走2000m以上に出走かつ当日7番人気以下(0-0-0-30)

2012年
12.5 - 10.8 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 11.8 - 12.4
12.5 - 23.3 - 34.9 - 46.9 - 59.1 - 71.5 - 83.9 - 96.2 - 108.0 - 120.4 (34.9-36.5)

2011年
12.2 - 11.0 - 11.5 - 12.2 - 12.8 - 12.4 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.1
12.2 - 23.2 - 34.7 - 46.9 - 59.7 - 72.1 - 84.4 - 96.4 - 108.2 - 120.3 (34.7-35.9)

2010年
12.3 - 11.0 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 12.1 - 12.6 - 12.4 - 11.4 - 12.2
12.3 - 23.3 - 34.5 - 46.0 - 57.8 - 69.9 - 82.5 - 94.9 - 106.3 - 118.5 (34.5-36.0)

例年の函館記念は、1000m通過が60秒を切るミドルペースがデフォルト。
巴賞で好走した馬が函館記念で飛びまくるのは、道中のペースが厳しくなるからだと考えられる。
(スタート後の直線が200mしかない巴賞で、1000m通過が60秒を切ることは稀)

しかし、今年の巴賞は1000m通過が58.2、道中のペースも函館記念と似通っている。
上位馬は素直に評価して良いのではないか。
12.1 - 11.3 - 11.8 - 11.6 - 11.4 - 11.6 - 12.0 - 11.8 - 12.4
12.1 - 23.4 - 35.2 - 46.8 - 58.2 - 69.8 - 81.8 - 93.6 - 106.0 (35.2-36.2)

本命◎は、サトノギャラント。

前走はスタート出遅れから後方追走。
4角手前から押し上げるも、エアソミュールを捕まえるには至らずという内容。

スタート後の直線が200mから400mに伸びることは、この馬にとって条件良化。
今度は差し切る。

エアソミュールは特に嫌う理由もない。
1番人気で和田Jが勝ち切るイメージはないが(笑)

トウケイヘイローは重い洋芝で、というタイプではないだろう。
激しい先行争いに巻き込まれそうなのも展開不利。

トウカイパラダイスは、洋芝は問題ないが、得意…というわけでもなさそう。
昨年の巴賞勝利→函館記念で敗退のパターンを見ては、頭から買いたい馬ではない。
ただし、昨年は不利もあっての4着なので、ヒモには押さえておきたい1頭。

レインボーダリアは仕上がり途上。次走から考えたい。
ただ、枠と展開が良さそうなので、3着なら…

アンコイルドは前走まったくの見せ場なし。
上でも書いたが、今年の巴賞は函館記念にリンクして良い内容。
これで巻き返して来たら、さすがにお手上げ。

穴馬ならコスモネモシン。
洋芝では走るし、叩き2戦目で良化傾向。
ただ、早いうちから活躍した6歳牝馬、枠ももう少し内が良かった。
買うまでには至らず。
posted by ☆ドラ☆ at 09:50| Comment(0) | 【2013】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

七夕賞&プロキオンS

<七夕賞>

・8歳以上(0-0-0-25)
→タガノエルシコ、オートドラゴン

・当日9番人気以下の7歳以上(0-0-0-32)
→ケイアイドウソジン、ナリタクリスタル

・当日7番人気以下の関東馬(0-2-0-52)
→ケイアイドウソジン、モンテエン、ラッキーバニラ

・ハンデ51kg以下(0-0-0-13)
→トシザマキ

・前走OP特別で10着以下(0-0-0-9)
→ラッキーバニラ

・前走OP特別で10番人気以下(0-0-0-13)
→ラッキーバニラ、オートドラゴン

・福島2000m種牡馬成績
ネオユニヴァース (1-0-6-35)  2.4% 2.4% 16.7%
チーフベアハート (0-1-0-20)  0.0% 4.8% 4.8%

土曜の競馬では逃げ切りがバンバン決まっていた。
ジョッキーにも「福島は逃げ先行有利」がインプットされている。
明日の重賞まで逃げ切りが決まるようなら、「お前ら勝つ気ないのか!」と素直に諦める。

本命◎は、ダコール。

…夏競馬、ローカルGVというのに、なんの捻りもない…。

しかし、コーナー4つの小回り+良馬場はダコールのベスト条件。
GVレベルでは地力が上。得意な条件なら捲りきる。

土曜は逃げ馬が勝ちまくったが、上り最速馬はきっちり馬券に絡んでいた。
決して差し馬がノーチャンスなわけではない。

あと、当日前田オーナーが用事で福島に来るらしく、ココは勝負気配という噂…。

<プロキオンS>

こちらも捻りなしで、結論から。

本命◎は、ダノンカモン。

中京ダート1400mは、芝スタート。
それも、結構長く芝を走る。
前に行く馬は、外枠のほうが良い。(芝が苦手でなければ)

状態一息だった前走を快勝。
今回はビッシリ調教を積んできた。

他の馬と人気差がほぼないので、ここは素直に。

posted by ☆ドラ☆ at 09:16| Comment(0) | 【2013】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。