2011年12月26日

御礼

有馬記念を以て、2011年の競馬シーズンも幕を閉じました。

まず、当ブログを応援してくださった皆様に、御礼を申し上げます。
途中で何度もくじけそうになりましたが、そのたびに温かいコメントをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


さて、馬券成績のほうは…
今年は「単複のみで、全重賞に参加する」という目標を達成でき、それなりに満足しています。
回収率のほうは、約92%。
残念ながら、イーブンにも乗りませんでした。
11月の大スランプが痛かったですね。当たった馬券が、ダノンカモンの複勝(110円)だけですから(笑)

ただ、1ヶ月単位で均せば3000〜4000円の出費、それでこれだけ遊べれば十分。
素直に「楽しい1年」でした。


しかし、年々競馬に時間を割けなくなってきたのも事実。
今年、「単複のみ」にこだわった理由の一つも、単純に予想する時間がなくなってきたからです。

競馬を始めて、もう5年以上たつでしょうか…

初めて勝った馬券は、天皇賞春、アイポッパーの複勝。

その後、毎週ラップを見ながら予想していた大学生時代が、一番馬券成績が良かった気がします。



…いつもならここで「今までありがとうございました」
→「復活しました」の「辞める辞める詐欺」のパターンですが、今回は違います。


普通に2012年も頑張ります。


ただし、来年は「単複のみ」とか、特定の馬券に縛られた買い方からは解放されて、好きなように馬券を買います。
久しぶりに、◎○▲△とか付けちゃいます。
(それでも重賞しか買いませんが)

そのうえで、回収率100%を目指します。
そのうえで、回収率100%を目指します。


大事なことなので、2回言いました。


そして、目標を達成したら、本当の本当に、このブログを終わることにします。

その時はどうか、笑って送り出してやってください。(どこに?)

…もし半分も回収できずに居残っても、笑ってやってください。


まぁそんな感じで、2011年もありがとうございました。
2012年も、よろしくお願いします!!




posted by ☆ドラ☆ at 22:17| Comment(4) | 【2011】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

有馬記念&ラジオNIKKEI杯2歳S

一年の締めくくり、なぜクリスマスと被ってしまうのだ…

<有馬記念>

◎トーセンジョーダン
○ブエナビスタ
▲ルーラーシップ
☆オルフェーブル
△アーネストリー

<ラジオNIKKEI杯2歳S>

◎サンライズマヌー
posted by ☆ドラ☆ at 19:23| Comment(7) | 【2011】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

朝日杯FS&阪神C&愛知杯

<朝日杯FS>

なんといっても枠順。
外枠(7&8)に入っただけで、かなりのハンデ。

当初の本命予定はダローネガ。
大外に入ったことにより、当然再考が必要となったが…

他にグッと来る馬がいない。

アルフレードの前2走は、自身の前半3F通過が38.6という超スローラップ。
恐らく前には行かないだろう。
大型馬でパワータイプなだけに、直線、馬群の中でごちゃつくシーンが目に浮かぶ。

クラレントとショウナンラムジは、ダンス産駒というだけで消せる。
ダンス産駒は当コースを67頭が走って、連対率は9%だ。来たら諦めだ。

その他の馬も、似たり寄ったり。

それなら、消去法で◎サドンストームとする。

これまでのレースを振り返ると、ハイペースのスプリント戦を先行して粘るパターンが目立つ。
距離のごまかしが効く中山1600mでは、大きく強調したい能力だ。
加えて前走では、上がり3F34.2の脚。十分だ。
内枠からそつなく回ってくれば、間違いなく上位でゴールできるだろう。

ここ4戦とも、勝浦Jが乗っている(同じ騎手が乗っているのが、という意)のも良い。

とにかく他の人気馬に買い要素がない今回は、一発あってもなんらおかしくないだろう。

【結論】
◎サドンストーム
○ダローネガ


<阪神C>

過去5年のラップ構成(上から2010〜2006年)

12.4 - 11.1 - 11.1 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.8
12.1 - 10.6 - 11.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0 - 12.1
12.3 - 10.9 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.8 - 12.5
12.2 - 10.9 - 11.3 - 11.6 - 11.2 - 11.3 - 12.1
12.3 - 10.6 - 10.9 - 11.3 - 11.5 - 11.7 - 12.3

(34.6-34.5) 1:20.3
(33.7-35.3) 1:20.4
(34.2-35.8) 1:21.6
(34.4-34.6) 1:20.6
(33.8-35.5) 1:20.6

ラップだけで判断するならば、傾向がはっきりしているレース。

・きれいな持続ラップ
・勝ち時計は1:20:xで安定
・基本的にラスト1Fのラップは12秒台に落ち込むため、差し馬が有利
・持続的なラップが刻まれるため、地力が問われる→重賞実績馬が好走率高し

2008年はマルカフェニックスが勝った年だが、どう見ても弱小メンツで低レベルレース。
今年は登録馬がなかなか豪華なので、2008年のようなレースにはならないだろう。参考外。

【結論】

◎オセアニアボス


<愛知杯>

もう何度も言っているが、この馬はコーナー4つの小回りコースでしか走らない。
直線の長い東京、京都の成績は無視して、条件が合う時だけ買う、それが正解。

【結論】
◎ブロードストリート
○コスモネモシン
▲レーヴディソール
△フミノイマージン
posted by ☆ドラ☆ at 22:28| Comment(3) | 【2011】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。