2014年02月23日

アーリントンC&中山記念&阪急杯

★ダイヤモンドS◎アドマイヤバラード…2番人気8着
いやね、これはお恥ずかしい。
言い訳をしていいですか?
前日夜から、スノボに出発しまして…碌に出走馬も見ず、適性が合うトニービン産駒というだけで買っちゃったんですよ…。結果、典型的な過剰人で惨敗(笑)
いやね、うふふ。
レースとしては凡戦も凡戦、今後につながることなど何一つなし。

★フェブラリーS◎ベストウォーリア…3番人気13着
回顧は長くなるので、また別の機会に…。

★小倉大賞典◎スマートギア…11番人気12着
12.5 - 11.2 - 12.2 - 12.2 - 11.3 - 11.3 - 11.4 - 11.4 - 11.8
このレースは意外と高レベルだったのではないか?
道中は一貫した持続ラップ。高速決着時計。結果的に、上位を占めたのは重賞実績馬。
頭二つくらい力が抜けていた勝ち馬はもちろん、6着馬までは、ローカル重賞で今後も馬券に絡んできそう。

★共同通信杯◎ローハイド…8番人気7着
13.0 - 11.6 - 12.1 - 12.6 - 12.9 - 12.5 - 10.9 - 10.9 - 11.6
直線だけのヨーイドン競馬。勝ち馬が強すぎた。ローハイドはまさかの最後方から。なぜだ…(笑)

<アーリントンC>

・前走500万下で4着以下(0-0-0-15)
→グッドスピリッツ、フェルメッツァ、アドマイヤメテオ、レッドルシファー

・前走500万下、新馬、未勝利戦で6番人気以下(0-0-0-18)
→レッドルシファー

・当日7番人気以下の前走1着馬(0-0-0-27)
→グランフィデリオ

阪神開幕週、馬場の内側の状態が良く、先行有利。
1600m好走実績がなくても、1200〜1400mで前に行けるスピードを示していれば、好走可能なレースだ。
当然、狙いは内枠からになる。

本命◎は、タガノブルグ。

前走は最後方から追い込んできたが、あれは東京1400mで大外枠だったが故。
この馬、ゲートは速いので、この枠なら前につけられる。
当然、川田Jなら「前につけないと話にならない馬場状態」であることは理解しているはず。


<中山記念>

・9番人気以下(0-0-0-41)

・単勝30倍以上(0-0-0-45)

本命◎は、ナカヤマナイト。
外枠不利の中山1800m、相手が弱かったとはいえ勝ち切った昨年の内容が見事。
今の時計が掛かる芝状態も、この馬にはぴったり。

相手は強いが、ジャスタウェイ筆頭に、速い上りの使えない今の中山芝への適性疑問な馬が多い。
その点、この馬は適性抜群。十分勝ち負け。

春の本番を見据え、休み明けの馬が多いなか、この馬は「GTは荷が重いと認めざるを得ない」とココ本気モード。

<阪急杯>

・単勝50倍以上(0-0-1-54)
→シャイニーホーク、ウエストエンド、タマモナイスプレイ

・当日8番人気以下の6歳馬(0-0-0-33)
→ウエストエンド、シャイニーホーク

・当日7番人気以下の牝馬(0-0-0-21)
→バーバラ、レッドオーヴァル、エピセアローム

・当日5番人気以下の関東馬(0-0-1-22)
→サンカルロ

・前走OP特別出走(0-0-0-26)
→バーバラ、エピセアローム、サンレイレーザー、シャイニーホーク

・前走10番人気以下かつ当日8番人気以下(1-0-0-40)
→タマモナイスプレイ、パドトロワ

本命◎は、ガルボ。

土曜競馬を見る限り、前にいないと話にならない馬場状態。
時計が掛かる重い芝なので、切れ味自慢も十分に伸びてこられない。
ならば素直に実績あるこの馬から。


posted by ☆ドラ☆ at 17:25| Comment(2) | 【2014】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前のコメントの続きで…ジェンティルのマイラ―説は正しいかもしれません。
これを言っては元も子も無いんですが、実はそこまで強くないと思ってます(爆)
3歳時のJCは斤量差とオルフェが出来イマイチ、昨年のJCはメンバーが…。
弱くはないと思うので、VMなら勝ち負け、安田記念なら好勝負は可能だと思います。

石坂厩舎は完全にスランプに入りましたね…。
今日のベストウォーリアについても石坂師も浜中Jも自信があったそうですし、厩舎自体のリズムが悪く、ちょっと巻き返しには時間が掛かりそうな気がします。
確かに、人気馬の中では東京マイル適性は高いと思いますが。
一時期、須貝厩舎もそんな感じでしたよね。

コパノリッキーは、昨年春にはベストウォーリアに勝っていますし、状態さえ戻れば勝ち負けしておかしくなかったんですよね。
前走も仕上がりは良かったようですし、今回も状態は良く、関係者筋(笑)によると「引き続き状態は良いから、後はきっかけがあれば」とのことでした。
ただ、前走OP特別で惨敗している馬をG1で買えるか、しかも頭となると…(苦笑)
G1で単勝200倍超えの馬が勝つ…ある意味良いものを見せていただきました。
Posted by ユウ at 2014年02月23日 19:20
>ユウさん
混合戦で牡馬一線級と互角以上に走ったダイワスカーレットやブエナビスタほど強くない、という意味であれば、同感です。あくまで「今の世代における牝馬No.1」程度の評価で、どのコース・距離でも常に本命…というのは過大評価ですね。

それにしても今日は面白いものを見ましたね。
前日のヒヤシンスSより遅いラップが刻まれるとは…。
OPクラスの逃げ馬が上り最速から0.2秒差でまとめれば、そりゃ逃げ切りますよね、物理的に(笑)

しかもコパノは昨年ヒヤシンスSで1000m通過58.3のハイペースを3番手追走から3着に粘りこんだ馬。
…とまぁ、終わってからならいくらでも言えますね…。
見事な風水パワーでした(笑)レース後のコパさんのコメントが、「とんでもないことが起こった」でしたからね(笑)
Posted by ドラ at 2014年02月23日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。