2013年09月22日

オールカマー&神戸新聞杯

9月重賞、泥沼の6連敗…。
私の本命を外して買えば当たります。

<オールカマー>

・10番人気以下(0-0-0-34)
・単勝50倍以上(1-0-0-40)

・当日8番人気以下の7歳以上(0-0-0-22)
→マイネルキッツ、ネコパンチ、イケトップガン、モンテクリスエス、メイショウサミット

・前走OP特別で4着以下(0-0-0-14)
→コスモラピュタ

・前走10着以下(0-1-0-30)
→ネコパンチ、ヴェルデグリーン、ダイワファルコン

・当日単勝30倍以上かつ前走4着以下(0-0-0-49)
→ネコパンチ、コスモラピュタ、カリバーン、ヴェルデグリーン、モンテクリスエス、メイショウサミット

本命◎は、ダイワファルコン。

コーナーごとに自然とポジションを上げ、4角で先頭に立つ競馬内容は、まさにマツリダゴッホのそれ。
中山実績のある馬はほかにもいるが、適性ではこの馬が一番とみる。

また、使い込むとカリカリしてくる馬で、フレッシュな休み明けが買い時。

ネコパンチにコスモラピュタ、メイショウサミットと先行馬がそろい、縦長の展開になりそうなのも好都合。
周りに馬がいてゴチャつくと嫌気がさしてしまうが、この枠ならスムーズに運べるだろう。


ダノンバラードはいきなりから。仕上がり絶好。
サトノアポロはAJCCの内容が案外。コーナーで加速できないのは痛い。
ムスカテールは天皇賞への叩き。(賞金足りるか?)マヤノトップガン産駒、休み明け走られたら仕方ない。


<神戸新聞杯>

・9番人気以下(0-0-0-55)
・単勝50倍以上(0-0-0-62)

・前走条件戦で2着以下(0-0-0-19)
→サトノノブレス、ウインアルザス、トーセンハルカゼ、バッドボーイ

・前走条件戦で2番人気以下(0-0-0-37)
→プランスペスカ、ソロル、ヤマイチパートナー、マジェスティハーツ、トーセンハルカゼ、カッパドキア、バッドボーイ


本命◎は、アクションスター。

2歳暮れのラジオNIKKEI杯ではエピファネイアから0.3秒差3着。
スローの上り勝負とはいえ、ここでは威張れる実績だ。

その後、京成杯2着…までは良かったが、雪の影響で栗東から美浦へ2度輸送するハメに。
その反動が大きく、以降は馬体を減らし続けてしまった。
調教も満足にできず、スプリングSは惨敗。

休めばいいものの、やはり一生に一度の「ダービー出走」の魔力には勝てず、連戦。
(まぁ馬体を多少戻したこともあり、それなりに走っていたが)

ここは完全に仕切り直しの一戦。

春のグダグダだった調教から一変。状態は完全に持ち直している。
折り合いに不安もない。

トライアルに強いアグネスタキオン産駒。

ここは一発ある!!


posted by ☆ドラ☆ at 09:52| Comment(0) | 【2013】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。